イッテQで挑戦マーチングのカラーガードとは?全国大会の場所や日程

芸能関係

こんにちは、おおりです!

女性コンビ芸人ガンバレルーヤのお二人が「カラーガード」なるものにチャレンジするようですよ!

すでにご存じの方もいらっしゃるとは思いますが、僕は知りませんでした。

僕が「カラーガード」の存在を知ったのは、2022年4月17日放送予定の日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ」の予告でした。

ガンバレルーヤのお二人が10人連続背面キャッチにチャレンジする企画でボールを頭で受け止める様子も気になりますが笑

しかし、今回はマーチングバンドにおける「カラーガード」とは何か?、「マーチングバンド」におけるポジションの種類、全国大会の開催場所や日程、「カラーガード」で使用するアイテムの種類や価格などについて、僕なりに分かりやすくまとめてみました。

早速行きましょう!


ガンバレルーヤが挑戦!「カラーガード」とは?

「カラーガード」とは、簡単に言うとマーチングバンドにおいて、ライフル・フラッグ・セイバー(サーベル)などを使って、身体で音楽を表現するバンドのダンサーのような役割をもつポジションの事です。

今回ガンバレルーヤのお二人がなぜ「カラーガード」のポジションにつくことになったのかというと、単純に楽器が出来ないからだそうです笑(カラーガードも同じくらい難しいと思いますが…)

無事にパフォーマンスを成功させられるのか気になりますね!


スポンサーリンク

「カラーガード」や「マーチングバンド」が観れる全国大会の開催場所や日程は?

残念ながら、「第5回カラーガード・マーチングパーカッション全国大会」は2022年2月6日に帝京大学 八王子キャンパス SORATIO SQUARE ARENAにて、すでに開催されていたようです。

こちらにその時の大会のダイジェスト映像を載せておきますね。

 

しかし、マーチング関係の全国大会は割りと頻繁に開催されていることから、2022年中に他のマーチングバンドの全国大会が開催される可能性もまだあります。(コロナの影響で中止になっている大会もありますが…)

なので、諦めずに最新の情報を待ちましょう^^

マーチングバンドの年間事業予定のサイトを貼り付けておくので、是非目を通してみて下さい。

マーチングバンド全国大会年間事業予定一覧はこちら


マーチングバンドは「カラーガード」の他にもいくつかポジションがあります

それぞれの役割を1つずつ見ていきましょう!

指揮者の役割を持つ「ドラムメジャー」

「ドラムメジャー」とはマーチングバンドで言うところの「指揮者」です。

なぜ「指揮者」と呼ばれないのかというと、鼓隊の伝統があることから「鼓手長」を意味する「ドラムメジャー」の名称で呼ばれるようになったんですね。

ドラムメジャーは指揮を振るだけではなく、「メジャーバトン」と「ホイッスル」を使って団員に様々な隊形変化の合図を出すこともあります。

「メジャーバトン」には、赤・黄色・オレンジの房が付いていることが多いそうです。

下に「メジャーバトン」の画像を引用させていただきました。


管楽器を演奏する「ブラス」

マーチングバンドと言ったら管楽器をイメージされる方が多いのではないでしょうか?

僕も真っ先にイメージしたのが管楽器でした!

マーチングで一般的に使用される金管楽器には大きく分けて2種類あります。

信号ラッパから発展した「ビューグル」とオーケストラなどで使われている金管楽器をマーチング用に改良した「マーチングブラス」というものです。

現在のマーチングバンドにおいて使用される金管楽器はほとんど「マーチングブラス」です。

それはなぜかというと、アメリカでは信号ラッパがG調であったことから、1998年までのドラムコー大会においてはG調の「ビューグル」で統一されていましたが、1998年以降ルール改正が行われ、「マーチングブラス」が使用可能になると、「ビューグル」から乗り換える団体が多くなったからだそうですね。

そもそもビューグルとは?

バルブを持たない信号ラッパから発展してきた楽器です。

通常のトランペットと同じ3.4つのピストンを持っています。

大きく分けて4つあり、「ソプラノ」・「アルト」・「バリトン」・「コントラバス」があります。

アルトは「アルト(フリューゲルホルン)」・「メロフォン」・「フレンチホルン」の3タイプあり、バリトンには「バリトン」・「ユーフォニアム」の2タイプがあります。

ソプラノとアルトは管長は同じだが、管の太さの違いとベルの形状で音色に差があるようです。

マーチングブラスって何?

現在のマーチングバンドでは「ビューグル」ではなく、「Bb管・F管のマーチングブラス」が使用されています。

ソプラノは「トランペット(Bb管)」

アルトは「マーチングメロフォン(F管)」

バリトンは「マーチングバリトン(F管)」と「マーチングユーフォリアム(F管)」

コントラバスは「マーチングチューバ(Bb管・Es管)」が使用されます。


打楽器を演奏する「バッテリー」

「バッテリー」というポジションは「ドラム」・「ドラムライン」とも呼ばれています。

「スネアドラム」・「テナードラム」・「バスドラム」・「シンバル」の4つで構成されています。

「スネアドラム」は2~8人、「テナードラム」は1~5人、「バスドラム」は3~5人で構成されることが多いそうです。

スティック等を用いた演技も行われていて、単に演奏するだけじゃないのが「バッテリー」の特徴ですね!


移動しない打楽器を演奏する「フロントピット」

「フロントピット」というポジションは「フロントアンサンブル」・「ピット」とも呼ばれていて、ドリルの前や横などに打楽器を置いて演奏します。

ドリルに参加しないので、マーチング要素は殆どなく、歩きながら演奏しなければいけない制限がないので、豊富な種類の楽器を演奏できるポジションでもあります!

使用される楽器は主に「マリンバ」・「シロフォン」・「ヴィブラフォン」・「グロッケンシュピール」・「ティンパニ」・「トライアングル」・「コンサートバスドラム」・「コンサートスネアドラム」・「ゴング(ドラ)」・「チャイム」・「ウィンドチャイム」・「コンサートタムタム」・「和太鼓」・「締太鼓」・「鐘」・「小豆波(サーフドラム)」・「ドラムセット」・「ブレーキドラム」・「クロテイル」・「サスペンディッドシンバル」などがあります。

1970年代には元々、ティンパニや鍵盤楽器は可搬式のものが使われていたが、1980年後半には「フロントピット」というセクションが確立したみたいです!


スポンサーリンク

「カラーガード」で使用するアイテムの種類や値段は?

「カラーガード」で使用するアイテムにはライフル・フラッグ・セイバー(サーベル)の3種類があります。

それぞれ見ていきましょう!

ライフル

エリートライフル

サイズ 36インチ~39インチ

カラー ホワイト

価格 9,350円~

エリートプロライフル

サイズ 36インチ~39インチ

カラー ホワイト

価格 15,400円~

ミニライフル

サイズ 65cm

カラー ホワイト

価格 5,390円

アーク1ライフル

サイズ 37.5インチ

カラー ホワイト

価格 7,150円

ライフルの種類によって価格は様々ですが、1万円前後のものが多いですね。

下にライフルの商品ページを載せておきます。

ライフルの商品ページはこちら

フラッグ

パフォーマンスフラッグ

サイズ 76cm×124cm~

価格 4,290円~

デジタルプリントフラッグ

サイズ 91cm×137cm~

価格 8,470円~

オリジナルフラッグ

サイズ 92cm×137cm~

価格 8,250円~

ハイブリッドフラッグ

サイズ 89cm×135cm~

価格 9,020円~

スペクトルフラッグ

サイズ 91cm×137cm

価格 9,790円

ラメスイングフラッグ

サイズ 147cm×213cm

価格 9,900円

クリスタルクリアスイングフラッグ

サイズ 147cm×213cm

価格 10,230円

ソリッドクリスタルクリアフラッグ

サイズ 91cm×137cm

価格 7,480円

スイングフラッグ

サイズ 112cm×196cm~

価格 8,470円~

練習用フラッグ

サイズ 91cm×137cm

価格 1,900円+税

こちらも種類によって価格に差がありますが、大体8,000円前後のものが多いですね。

下にフラッグの商品ページを載せておきます。

フラッグの商品ページはこちら

セイバー(サーベル)

アルミニウムセイバー

サイズと価格 32インチ20,570円・36インチ20,570円・39インチ21,780円

カラー ホワイト

スパニッシュセイバー

サイズと価格 36インチ27,500円・39インチ27,500円

カラー シルバー

こちらもサイズによって価格は代わってきますが、どれも2万円台ですね。

下に商品ページを載せておきます。

アルミニウムセイバー商品ページはこちら

スパニッシュセイバー商品ページはこちら


まとめ

いかがでしたか?
今回はマーチングバンドにおける「カラーガード」とは何か?、「マーチングバンド」におけるポジションの種類、全国大会の開催場所や日程、「カラーガード」で使用するアイテムの種類や価格などについて、僕なりにまとめて分かりやすく記事にしてみました。
「もっとこうしてほしい」などご要望等ございましたら、お気軽にお問い合わせにてご連絡下さい。
最後までご覧頂きありがとうございました!
今後も引き続き執筆活動に勤しんで参りますので、よろしくお願いします^^
おおりの分かりやすいトレンドニュースでした!


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました